ファクタリングの極意とは
2019年5月18日

ファクタリングで必要資金が即日で手に入ります

ファクタリングサービスを活用することで経営上で必要になる資金が最短で即日で手に入っていきます。

景気後退により取引先への売掛金の回収が長期化の傾向が見られるようになっています。取引先によっては数ヶ月単位での支払いサイトになっているケースも珍しくは無く、余剰資金に乏しい企業の場合には売掛金の回収を待つ余裕が無く、経営に行き詰まるケースも多く見られるようになってもいます。

ファクタリングを活用することで取引先への売掛債権を支払いサイトを待つこと無く、早期に現金に換えることが出来るようになります。申請にあたっては登記簿などの簡潔な書類で済み、最短で即日での入金も可能です。経営資金を調達する場合には、一般的には銀行などの金融機関へ借入の申請を行うケースが多かったりしますが、銀行へ借入の申し込みを行う際には、担保や保証人などの提示を求められる場合も多く、審査に必要以上の時間が掛かる場合も珍しくはありません。

ファクタリングを活用することで売掛債権の即日入金が可能になれば経営を推進する上での必要資金の捻出に悩むことも無くなり、売上向上に頭を悩ますだけで良くなってもいくのです。売掛債権の早期割引とは言っても、然程の手数料が掛かっていくものでも無く、売掛債権を現金に換える際に発生する手数料は微々たるものだったりします。多くの経営者の方はファクタリングを活用することへ抵抗を感じていたりしますが、売掛債権の早期現金化は欧米では一般的になっています。取引先からの入金を待たずに安定した経営を実現するためにはファクタリングの活用が有効です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *