ファクタリングの極意とは
2019年5月9日

ファクタリング活用で即日入金が可能になります

ファクタリングを活用することで売掛債権の早期入金が可能になっていきます。

景気動向により、取引先への売掛金の支払いサイトが長期化の傾向が見られるようになり、多くの商取引で発行される売掛金の現金化が遅延するようになって来ています。経営上で資金が必要になった場合でも、銀行などの金融機関に新規の借入を申し込むには相応の期間と手続きが必要になり、即座に必要な資金が手に入る状況では無くなっています。

ファクタリングを活用することで取引先の支払いサイトに左右されることが無い、早期の売掛金回収が実現するようになっていきます。売掛金の割引を行い早期の現金化を行うファクタリングには多くの経営者の方が良くは感じないものですが、ファクタリングによる資金調達は欧米では一般的な経営手法として認識されてもいます。必要なタイミングで最短で即日の入金を得ることができ、運転資金や設備投資に掛かる資金に悩むことが無くなることで、本業の売上向上に勤しむことが可能になっていくものです。

経営状態が悪く、税金の滞納や公共料金の未払い等が発生しているような状況でも、ファクタリングを利用していくことで即日での入金が可能となっていきます。申請にあたっても登記簿などの簡潔な書類だけで良く、財務諸表上に新規借入を計上せずに即日で売掛債権を現金に換えることが出来る点が多くの中小企業に利用されている理由でもあります。運転資金に悩むことが無い効率的な経営が実現していきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *