ファクタリングの極意とは
2019年4月24日

ノンバンクの意味と特徴とは

銀行とは、預金者が預けた資金を個人や法人に融資する会社のことを指します。

これに対してノンバンクとは、一般預金者ではなくて銀行から借り入れた資金や自己資金を元手にして個人または法人に融資を行う会社のことです。いずれも融資業務を行う点では同じですが、貸し出しに使用する資金の調達方法に違いがあります。ノンバンクは銀行などから資金を調達して融資業務を行うので、利息を支払わなければなりません。そのため、同じ条件でも融資を行う際の金利が銀行よりも高いという特徴があります。

銀行は一般預金者から預かった資金を貸し出すので、貸し倒れリスクが低い個人や企業にしか融資を行いません。一般預金者から資金を調達する銀行は運用方法の点で制約が多いので、融資を行う際の審査に時間がかかるというデメリットがあります。ノンバンクは銀行よりも融資の際の金利が高いのですが、銀行よりも高いリスクを許容することができるという点が大きなメリットです。

このため貸し倒れリスクが高い個人または法人でも、金利を高くして融資を行うことが可能です。融資の際に行われる審査時間が短いので、急にお金が必要になった場合でも柔軟に対応してもらえるケースが多いです。企業が事業資金の借り入れを行う際に、ノンバンク系の商工ローンであれば短い期間で審査が行われて融資が実行されます。個人向けに無担保の小口融資を行う消費者金融会社であれば、休日であっても即日融資が可能なケースがります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *