ファクタリングの極意とは
2019年4月21日

消費者金融もノンバンクに含まれます

お金を借りたい時の選択肢には銀行や信用金庫などのような金融機関と、街中にある消費者金融、クレジットカードのキャッシングなどがあります。

金利面で考えた場合には銀行や信用金庫の方が安い、審査基準における難易度は消費者金融やキャッシングの方が低めなど、それぞれ一長一短と言えましょう。所で、お金を借入する際に、ノンバンクがお勧めなどの記事を見かけることが増えていると感じている人も多いのではないでしょうか。ノンバンクを直訳すると銀行ではないなどの意味になるかと思われますが、これは預金業務を持たないなどの意味があるのです。

銀行や信用金庫は預貯金ができる、財産を蓄えておくための仕組みが設けてあります。預貯金には普通預金および定期預金の2種類に分かれているわけですが、普通預金は預け入れしているお金をいつでも好きな時に引き出して利用ができる、定期預金は満期にならないと崩せないなどの違いを持ちます。

消費者金融の場合は、銀行と同じようにカードローンを用意しているなど、便利に使うことができる魅力がありますが、預金をしたくても預貯金の仕組みそのものがないので、利用することはできません。一般的に、ノンバンクと呼ばれているのはお金を貸す業務を中心にしている金融会社の総称です。銀行や信用金庫には預貯金に利息と呼ぶものを付与して利用者への魅力を与えていますが、ノンバンクには利息を与えるなどの仕組みがないなどの違いを持っているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *