ファクタリングの極意とは
2019年4月15日

ノンバンクを利用するメリットについて

ノンバンクは、銀行などの金融機関より借りやすい傾向があります。

銀行は審査の場合、経営が上手く行っているか、貸したお金は返ってくるかと言うことを厳しくみます。会社が国などに支払うべき税金を滞納している場合は、融資はすぐに断られます。お金を貸す場合に独自の基準を持っていて、その基準が銀行の審査基準より厳しくないことが多いのが、ノンバンクです。

会社が赤字経営の場合や税金を滞納している場合でも、融資が通ることがあります。通常、審査から融資までの時間が銀行より短いです。必要なポイントを素早く確認して、融資することを決められる独自のノウハウを持っているのが、ノンバンクです。銀行の場合は、事業計画書などの書類から担当者が稟議書をつくり、審査するため時間がかかります。審査することに時間がかかるような融資の場合、1か月半以上の時間を必要とします。

銀行系の消費者金融の場合は、申し込みしたその日に融資して貰えることもあります。ノンバンクのビジネスローンの場合連帯保証人が不要な場合があります。たとえば、信用保証協会の保証が付いているビジネスローンの場合です。連帯保証人が必要な場合、会社の経営者がなることができます。会社に関係ない人を連帯保証人として求められることはありますが、例外なので多くはありません。担保も用意しなくても、ビジネスローンを利用できる場合もあります。銀行融資の場合は、多くの場合連帯保証人か担保を求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *