ファクタリングの極意とは
2019年4月3日

ノンバンクのローンの特徴とは

ノンバンクは預金業務には対応しておらず、主に融資業務を主体とする金融機関を指しており、消費者金融や信販会社、リース会社などが該当します。

一般的には消費者金融を指すことが多く、ノンバンクローンの代表格にはキャッシングとカードローンがあります。融資を専門に運営している金融機関は、銀行と比べて審査のハードルを低く設定しているのが普通です。ただし金利はやや高めに設定されていますので、借りやすさと金利のどちらを重視するかで借入先を選択してください。

今すぐにお金が必要という状況なら、ノンバンクのローンが最適でしょう。キャッシングやカードローンは総量規制の対象になりますが、これは逆に考えればメリットになります。年収の3分の1までしか借入できないので、それ以上を借りることがありません。ローンで失敗する要因のほとんどは借りすぎにありますので、借りすぎを防ぐためにも総量規制という法律は重宝してくれます。昔のノンバンクといえばグレーゾーン金利が黙認されていましたが、現在はグレーゾーン金利が廃止されています。

最高でも20.0%の金利を超えることはありませんから、ローンシミュレーションをするときは20.0%で計算してみるとよいでしょう。5.0%などの低金利でシミュレーションをしても、実際の金利は15.0%や18.0%などになることが多いです。初めて借りるノンバンクの場合、まだ信用力が構築されていない状態にありますので、金利は15.0%を超えることが多いと考えてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *