ファクタリングの極意とは
2019年3月24日

診療報酬債権を利用したファクタリングの仕組み

医療機関に於いては開業直後はさまざまな費用が掛かるため、相応の持ち出し金を用意しておかないと健全な経営が難しいと言われています。

基本的に必要な設備や建物の費用などは事前に用意されることが多いものですが、それでも思わぬ出費がかさみ、現金が足りなくなってしまうと言ったことも少なくありません。このような時に借金をしなくても現金を入手できる方法が有ります。これがファクタリングと呼ばれる方法です。

病院は患者を診察した場合にその診察に対応した診療費を受け取るものですが、日本の場合多くは一部を患者から診療後に受け取り、残りを患者が加入している健康保険から受け取るという仕組みになっています。但し、健康保険から受け取る分は申請後最短でも40日程度遅れて入金されることになるため、その間はその分の現金が手元にないことになります。この健康保険の負担分を債権に見立て、この診療報酬債権を担保に現金を先に受け取る仕組みがファクタリングです。

診療報酬債権のファクタリングは多くの場合、手数料を差し引いた金額の一部を先に受け取り、残りを健康保険の支払いが有った時点で支払われることが多いのですが、診療報酬債権は健康保険が債務者のため安全性が高いことから、手数料が安いため高い比率で現金を受け取ることが出来るようになっています。一般的に借金をして利子を払うよりも割合が高いため、ファクタリングを利用して現金を早く入手し経営を行っている病院も少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *