ファクタリングの極意とは
2019年3月21日

診療報酬債権を利用してファクタリングによる事業拡大

医療機関や調剤薬局正確には保険薬局にあっては、患者が所属する保険者に対して保険請求を行います。

このとき、診療報酬債権が発生するわけですが、いったん患者が受診を開始するとそのまま治療が終わるまで受診を続けるようになっていきます。したがって、これらは医療機関等における安定的な収入になって行きやすいわけです。この診療報酬債権を担保とし、ファクタリングによる大規模な借り入れを行える可能性が広がります。診療報酬債権で将来にわたって収入が得られるわけですから、その収入の見込みを持って貸し付けすなわちファクタリングを行えば、貸す側は安定的な利息収入が得られます。

一方、借りる医療機関側もファクタリングによって大規模な資金の確保が容易となり、新たな事業展開がし易くなっていくでしょう。これから開業を行う医療機関にあっては、このファクタリングは魅力的なものと見えるのは間違いがありません。大規模な資金獲得が出来なければ、一般的に高額な医療設備を整えることは厳しいわけです。検査装置などは特に高額であり、整備するためには一定の資金力が必須です。

その資金力について診療報酬債権を利用してのファクタリングであれば、最初の大規模な投資に見合うだけの対応がとりやすくなっていきます。医療機関側からすれば早期に設備投資に見合う医療提供を行うことで、患者の獲得が容易になっていくでしょう。貸す側にとっても返済の見込みが立ちやすいわけですので、安心して貸し出し易い状況となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *