ファクタリングの極意とは
2019年3月15日

診療報酬債権によるファクタリング

医療機関が患者の治療や診察等に関して医療行為を行ったときの対価は、国が定める診療報酬によるその医療費が決まります。

この診療報酬を受け取る権利つまり診療報酬債権におるファクタリングの活用が全国的になされている状況です。診療報酬は患者が受診をすれば、ほぼ確実に収入になる権利です。ただし、リアルタイムですぐにお金になる部分は患者の自己負担相当だけですから、その後、レセプトにより診療報酬債権の請求を行って初めてお金になるものとなります。このお金になるタイミングまで受診から2ヶ月程度は最低でもかかります。

その間はまだお金には出来ません。ただし、将来医ほぼ確実的にこの診療報酬債権はお金になります。いずれはお金になるのですから、その権利を持ってファクタリングで貸し付けを行い、医療設備の充実に投資したりあるいは医療機関における増床、ベッド数を増やしたりするなどの投資も可能になってきます。ファクタリングの利用は貸す側も借りる側にとっても双方にメリットがあるやり方と言えるわけです。

貸す側はほぼ確実に回収できる見込みが立つわけで、安心して貸し付けが可能です。一方、借りる側も巨額の資金を集める上で、診療報酬債権を元手にしての信用の裏付けが成されるわけですから、借りやすいですし返済の目処も立ちやすいメリットが生じます。双方にとって、この貸し借りはメリットがあるやり方であり、巨額の資金を動かしやすくなることも大きいものでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *