ファクタリングの極意とは
2019年2月24日

自立支援給付費債権をファクタリングすれば安心です

自立支援給付費債権を早期に現金化を行い、資金繰りを改善しましょう。

介護事業の自立支援給付費債権が入金されるまでには、最短でも2ヶ月はかかるものです。金融機関に追加融資を行うにしても、連帯保証人や担保などが必要なものです。財務情報の開示等も伴いますし、介護事業を立ち上げたばかりでは難しいものです。そういう場合には、ファクタリングサービスを実施して早期に現金を手に入れましょう。ファクタリングサービスを利用すれば、自立支援給付費債権を最短で5日で入金させることが可能です。

介護事業を営むということは、従業員もそうですが入居者へのサービスのほうが大切です。資金が枯渇して入居者へ満足なサービスが行えないようでしたら意味がありません。ファクタリングを利用して早めに資金調達を行い、資金面では無く、介護事業の運営面で悩むように心がけましょう。満額とはいきませんが、ファクタリングを利用すれば確実に早く現金が手に入るようになるのは間違いありません。

介護事業は施設や人件費等、いろいろとお金が掛かります。立ち上げ当初はお金が何かと必要なのも仕方がありません。ただ、資金が枯渇しているからといって、満足なサービスを入居者に提供できなくては何も意味はありません。高齢者や介護を必要としている方のために、ファクタリングで早期に資金的な問題の解決を実施し、サービス内容の拡充を考えていきましょう。無理せず確実に資金調達できる方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *