ファクタリングの極意とは
2019年2月21日

自立支援給付費債権のファクタリングで経営改善を

自立支援給付費債権を利用して資金繰りを柔軟に変えていきましょう。

介護事業を始めた当初は資金繰りで悩むものです。自立支援給付費債権は通常2ヶ月で入金するものですから、立ち上げ時の何かと資金が必要な状況では、早い資金繰りの対応が必要になってくるものです。金融機関に追加融資を依頼するにしても、担保や連帯保証人が必要になってくるものですし、審査にも時間がかかるものです。資金が枯渇している状態とはいえ、介護事業を営んでいる以上は、運営を続けていかなくてはいけません。

従業員もそうですが、介護施設に住んでいる入居者の対応もあるからです。自立支援給付費債権のファクタリングを行うことにより、最短で5日間で入金を行うことが可能です。ファクタリングサービスを使えば割引が発生しますから、満額での入金にはなりません。早めの入金を行えば、資金繰りも安定し、施設の運営やサービスの拡充を進めていくことも可能になっていくものです。

事業資金の調達に悩んでいるより、サービスや施設の運営方針について悩んでいきましょう。ファクタリングサービスの利用には、金融機関からの資金調達のように、担保や連帯保証人は必要ではありませんし、財務情報の開示も必要ではありません。自立支援給付費債権のファクタリングサービスを使用し、早い段階での入金を続けていくことで、事業資金の悩みから解放され、本来の介護事業のサービスの拡充に乗り出していけるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *