ファクタリングの極意とは
2019年2月9日

介護給付金を利用したファクタリングで事業拡大

介護保険制度を利用した場合は、利用者負担と保険者負担とでサービス利用料が支払われます。

利用者負担はともかく、保険者負担は請求が間違えていない限りは確実に収入になり得る物です。したがって、この介護給付金を利用してのファクタリングが成り立ちます。介護給付金自体は毎月、前月の利用料などが主に支払われてきます。その支払われるであろう介護給付金を担保にして、ファクタリングを利用することでより大きな事業展開も夢ではなくなってきます。

介護保険の事業所を立ち上げるのには相応にお金がかかりますが、中小零細などから事業を開始する場合は、この資金がネックです。したがって、ファクタリングの利用によって、事業を拡大させることも可能になってきます。中小零細では、目に見える範囲でしか利用者を増やすことが出来ません。すなわち、他の地域で事業を拡大しようにも、そもそもそのための資金がないことから、出来ないと言うことがあり得る話しというわけです。

このとき、資金確保のために、ファクタリングによる資金調達で、事業所の整備であったりあるいは新たな事業のための資金とするなど、いろいろな手がとれます。雇用する人員の賃金などの運用資金の確保も可能になることでしょう。このようにファクタリングは、うまく利用することで資金をより巨額に集めることが可能になりますので、その資金を元手にした事業拡大も容易です。うまく利用していくことが今後の介護保険事業の成功の可能性を増してくると考えられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *