ファクタリングの極意とは
2019年2月6日

介護給付金ファクタリングを使うメリットは

ファクタリングとは、債権を買取ってくれる業者およびそのシステムのことです。

ファクタリングといっても2種類あり一般の民間会社間でやりとりされる債権を買取ってくれる2社間債権と、医療機関などが診察やサービスを提供したさいに保険請求をしたさいの3社間債権です。この3社間債権のひとつが介護給付金になります。介護給付金は条件を満たす介護サービスを行ったさいに介護保険から支払われる給付金になりますが、ほかの保険請求と同様に入金されるまでに時間がかかり、3ヶ月程度のタイムラグが発生します。

資金に余裕があれば現金化を急ぐ必要はありませんが、資金に不安がある場合や急に資金が必要となった場合などにはファクタリングによって現金化するのもひとつの手段といえます。ファクタリングのデメリットとしては買取という性質上、高い手数料が必要であり買取ってくれる額面も満額ではないといったことですが、これは2社間債権の話であり特に条件の悪い債権に限ります。

介護給付金を含む公的機関に保険請求をする3社間債権では必ず現金化できるため手数料は低めに設定されていますしまた満額での現金化が可能です。特に2社間の場合には現金化できるのは額面の9割から6割と、かなり条件の厳しいものになりますが、保険請求の場合には、数%程度の金利手数料で現金化が可能です。このためファクタリングを入れることで入金されるまでの時間を3ヶ月程度から半月程度まで短くすることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *