ファクタリングの極意とは
2019年1月18日

カードローンの審査についてのこと

カードローンも色々と審査をされてから、発行してもらい、借りるようになっています。

その点はキャッシングとほぼ同じです。横の繋がりの情報共有が業者間でされているとなっていますが、確実ではないので他社で断られたとしても諦めることはないです。それに基準がキャッシング業者間よりもカードローン会社のほうが大きく違います。キャッシング業者は総量規制がありますから、そもそも限界が一律としてあるわけです。

しかし、カードローンに関しては総量規制の対象外となっていますので業者によって、貸せるかどうかの判断の限界が違ってきます。そこをよく理解しておいて、申込みを色々としてみると良いです。肝心の審査される部分ですが、職業、収入、年齢、現在の借金などです。保証人云々の話はないです。カードローンは無担保であり、保証人なしの借り入れであるからこそ、ここまで普及した金融サービスです。それらは原則的に求められることはないです。

職業ですが、安定しているのがベストです。仮に収入がやや少ないとしても公務員などは高く評価されるようになっています。後は他からの借り入れです。これがないのであれば、フリーターでもカードを発行してくれるところは意外とあります。限度額がそこまで高くないでしょうが、それでもカードは得られます。いざと言う時に使えるように早い段階で発行してもらうのは、実に賢明な行動の一つと言えます。発行してもらうのにお金はかからないからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *