ファクタリングの極意とは
2018年10月12日

初心者でもわかるノンバンクと銀行の違い

TVのCMや広告などで「ノンバンク」といった言葉を見聞きする機会があります。

「銀行や信用金庫との違いは何か」と聞かれると上手く答えられない人もいるでしょう。金融業を営んでいる事には間違いないのですが、銀行や信用金庫とは明確な違いがあります。ノンバンクとは「銀行とは別の金融機関」を意味し、利用者からの預金を受け付けていない融資専門の金融機関を指します。平たく言うと金貸し専門の会社です。この融資専門の会社に該当するのは信販会社や消費者金融、クレジットカード会社などです。

銀行との明確な違いは幾つかありますが、大きな所で言えば賃金行法で総量規制がされている点でしょう。利用者の借入額は年収の3分の1までと決められています。銀行とは異なる特徴やメリットとしては「急ぎの際の即融資が可能」、「銀行に比べて審査が緩い」といった点が挙げられます。例えば、急ぎでお金が必要な場合はクレジットカード会社などを利用すれば、即日または翌日の融資が可能なサービスがあります。

ただし、この場合は銀行よりも利率が高めになるので注意が必要です。また、ノンバンクの多くは借入れの際の審査を自社で行っているので、銀行と比較して審査が通りやすいメリットがあります。会社によってはパートやアルバイトでも、一定の収入があれば審査に通る所もあり、敷居が低めになっています。このように、ノンバンクは銀行と比較すると金利が若干高く融資の限度額が低めですが、融資までの時間が短く審査が緩めといった特徴がありますので、銀行での借入れが難しい人達が利用する傾向にあります。銀行もノンバンクも利用する人にとっては一長一短ですから、目的に応じて使い分けるのがベストな選択です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *