ファクタリングの極意とは
2018年10月3日

ビジネスローンを提供する金融業者の違いを知ろう

通常のカードローンは、個人を対象とした金融商品として提供されている特徴があります。

一方、ビジネスローンは、ビジネスのみを対象とした金融商品としたサービスです。事業目的のローンは、銀行がうまく機能する分野であることが多いですが、ノンバンク金融機関が扱う金融商品としてここではビジネスローンは提供されています。銀行が提供しているものとそうではないものでは違いがいくつか存在します。例えば、担保や保証人の問題です。利用する金融業者で返済時の負担も異なるのでよく考えて先手くしなくてはいけません。

ビジネスローンには、担保や保証人を必要としない無担保ローンと担保や保証人を必要とする担保ローンの2種類があります。無担保で貸付を受けることが可能であるため、担保付ビジネスローンや銀行融資よりも高い金利が設定されていることや、ローン額が少ないことが一般的です。担保の面で有利になる一方で、返済面での負担が大きくなるという難点があることも知っておく必要があります。

一方、担保付ビジネスローンは低金利で大量のビジネスファンドを準備したい場合に便利なローンです。担保として不動産等を利用することにより、借入限度は無担保ローンよりも大きくなり返済期限を長く設定することができます。ただし、担保として不動産を使用する場合は、抵当権を設定する必要があるため審査期間が長くなりがちです。早急に利用したいときには向いていないため、用途に応じてどちらが良いかを選択することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *