ファクタリングの極意とは
2018年9月24日

ノンバンクの審査の特徴

ノンバンクの審査は返済能力が重視されやすいことが特徴です。

銀行の審査では返済能力も重視されますが、それと同じくらいに個人信用情報が重要になります。例えば、過去1年以内に延滞を1回でもしていたらかなり不利です。住宅ローンのような厳しいものですと、いくら年収が高くても過去1年で延滞をしている人ははじかれる傾向です。

銀行によっては「過去1年で延滞がない人」とホームページにはっきりと書かれていることもあります。それに対してノンバンクでは個人信用情報はそれほど影響しないそうです。審査ではじかれるのはブラックリストにのっている人、多重債務者です。逆に言えばブラックリストにのっているか多重債務者でなければ可能性はあります。

どちらも普通にクレジットカードやローンを利用している人はなることはないものです。うっかり支払いを忘れてしまうことはだれにでもありますが、3か月以上も延滞をする人はほとんどいないでしょう。

よほどずぼらな人か、それともお金がない人です。ノンバンクの審査ではブラックもしくは多重債務者でないなら、あとは無理のないお金を借りるようにしておけば審査に通過する可能性が高いです。

とはいえ全く個人信用情報が影響しないわけでもなく、何回も延滞を繰り返していると審査落ちの可能性が上がります。消費者金融では1回や2回くらいならそれほど影響しないという話です。ノンバンクにもさまざまな会社があるので、1社に落ちてもあきらめずにほかの会社を探してみましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *