ファクタリングの極意とは
2018年9月21日

ノンバンクとはどのような金融機関か

金融機関の分類でノンバンクと呼ばれるものがあります。

これは信販会社や消費者金融などの預金業務を行っていない、融資がメインになっている金融機関のことです。融資を受けるときの銀行との大きな違いが貸金業法が適用されているかです。

この法律で定められているのが総量規制であり、借り入れできる金額の上限に年収による制限がかかります。総量規制は借り過ぎによって返済不能になることを防ぐ目的で導入された制度であり、貸金業全体で借り入れ総額が年収の3分の1までになります。そのため、高額の借り入れをしたいときには利用できません。

ただし、全ての借り入れがこの制度の対象になるわけではありません。ノンバンクであっても一方的に有利になる借り換えや医療費、介護費等の特定の目的で使用される借り入れの中には例外で制限を超える金額でも借り入れができるものがあります。

ノンバンクの特徴は銀行と比べると審査が通りやすい傾向があることです。確実に借りたい場合は銀行ではないこちらを検討してみると良いでしょう。ただし、金利に関しては高くなっているので注意が必要です。

審査を甘くすれば貸し倒れになる危険性は高くなります。この損失を補うために金利を高くしています。そのため、無駄な出費を抑えたいときにはノンバンクの利用は適していません。このような違いがあるため、利用する状況によってノンバンクと銀行のどちらにした方が最適であるのか検討すると良いでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *