ファクタリングの極意とは
2018年9月15日

ノンバンクと銀行の違いとは

金融機関の中にはノンバンクと銀行があります。

この2つには様々な違いがあるので、利用する状況によってどちらが適しているのか検討すると良いです。まず、大きな違いとして銀行は預金業務を行っていますが、ノンバンクは基本的に融資しか行っていませんので、預金をしたい場合には銀行でなければ対応はできません。融資を受ける場合にはどちらでも利用できますが、審査や金利、借り入れできる金額の上限に違いがあります。

ノンバンクの場合は審査は通りやすく金利が高い、総量規制の対象になるので年収の3分の1までしか借入ができないのが特徴です。また、資金力は銀行よりも少ないので、借り入れ限度額も銀行より低いことが多いため、高額の融資を受けたい場合には適していません。審査の面で大きな違いがあるのが即日融資です。

もちろん、全てのノンバンクで利用できるものではありませんが、大手の消費者金融の中では対応しているところがあります。即日融資は以前は銀行でも行われていたものですが、保証会社に審査を丸投げした結果、反社会勢力にも融資していることが問題視され、現在は警察への照会を行っているため最速でも翌日になります。

警察への照会は銀行業界が自主規制で独自に行っているものであり、法律で決められたものではありません。大手から地方まで、銀行であればどこでも行われるものですが、ノンバンクには関係のないものです。そのため、消費者金融であれば現在も即日融資が可能です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *