ファクタリングの極意とは
2018年9月12日

ノンバンクのメリットとデメリット

ノンバンクにはメリットとデメリットがあるので、特徴を理解して銀行との使い分けをすると良いです。

まず、定義としては銀行以外であるため、実際には大手から中小まで幅広い金融機関が存在しており、それぞれでも特徴が異なっています。全体で共通しているのは貸金業法が適用されているので総量規制の対象になり、借り入れできる金額の上限は年収の3分の1までに制限されています。

審査は銀行よりは通りやすく金利は高くなる傾向がありますが、法律の範囲内で設定されているので心配はありません。法改正によって現在はノンバンクでもグレーゾーン金利の適用はできませんので、安心して利用できます。ノンバンクでも大手の消費者金融の特徴は審査の利便性の高さです。

銀行は自主規制で警察のデータベースへ照会する項目が追加された影響で即日融資ができなくなりましたが、消費者金融には影響しないので現在でも利用できます。また、在籍確認では通常は勤務先への電話連絡が必須になりますが、状況によって書類代用に切り替えを認めているところがあるなど融通が利きます。

過去に金融関連のトラブルを起こし、個人信用情報機関に記録が残っていると通常は契約できません。しかし、中小のノンバンクではこのような人に対しても融資を行っているところがあります。ただし、審査は甘くはないため、実際には落ちる人も多いです。また、正規業者を装った闇金融もいるので騙されないように注意が必要です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *