ファクタリングの極意とは
2018年8月24日

医療報酬債権によるファクタリング

ファクタリングとは、売上債権を資金として早期に現金化するために利用されるサービスです。

本来であれば一定の期間後に得られる報酬分を、ファクタリング事業者に売上債権を譲渡することで、前払いで受け取れる仕組みです。例えば資金繰りに困っている場合に利用することで、人件費等のコストが払えないといった事態を防ぐことができます。ファクタリングにはいくつかの種類があり、医療機関が利用する場合は診療報酬や介護給付金を債権として事業者側に譲渡し資金化する流れになります。

特徴としては、本来報酬を支払う機関が国民健康団体連合会等の国の組織であることから、ほとんど確実に回収ができる優れた資産価値を債権が持っている点です。そのため融資に比べて審査が非常に通りやすい傾向にあり、事業を始めた直後の医療機関や債務がある程度超過しているような状態でも審査に通る可能性があります。ただ、銀行等から受ける融資に比べると金利負担が高くなる傾向にあるため、融資を受けられかった時に選択する方法と言えます。

通常、診療報酬は支払われるまでに二ヶ月ほど期間を必要とするものの、安定的に得ることができる報酬です。多くの場合は赤字経営に陥ってしまった時に、状況を何とか改善するための手段として利用される傾向にあります。経営を立て直すためにファクタリングを利用する場合は、経営改善による事業再生についても検討しなければいけません。事業拡大のための資金調達手段として利用されることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *