ファクタリングの極意とは
2018年8月21日

ファクタリングのメリット

企業が資金繰りを行うときに、売掛債権を資金として扱うファクタリングにはいくつかのメリットがあります。

一つ目は売掛金を早期に現金化することができることです。一般的に企業間の取引は現金払いではなく、掛け売りによる取引が基本となります。そのため、売掛先企業からの支払いがされるまでにはひと月以上のタイムラグが発生します。そのため支払いが長期化すると、なかなか現金化することができずに、資金繰りに影響が出てきます。そのキャッシュフォローの行き詰まりを避ける手段として、このファクタリングは有効な手段になります。

二つ目にファクタリングは借り入れではない、つまり借金ではないということです。資金繰りが悪化し、銀行などから融資などを受ける場合には経営状態などが重視されます。そのためたとえ融資が受けられたとしてもそれは借金になってしまします。その場合に一時的に立て直しができても、借金が増えれば利子が発生します。そのため長期の借り入れともなると、企業の資金繰りを圧迫しかねないのです。

一方ファクタリングは、売掛債権の譲渡となるので、それを資金化しても借入金とはならず、そのために利子も発生しないのです。三つ目に売掛先が万が一倒産しても、支払いのリスクが生じないことです。企業の先行きはだれも予測は行えないので、売掛金が必ずしも回収できる保証はどこにもありません。しかしファクタリングを利用することで、売掛先企業が万が一倒産する羽目になっても、譲渡金を返済する必要はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *