ファクタリングの極意とは
2018年8月18日

医療用ファクタリングとは?

医療ファクタリングとは、医療機関の社会保険診療基金や国民健康保険団体連合会への診療報酬をファクタリング会社が買い取りすぐに現金化することのできる資金調達の方法です。

医療機関だけが利用できるもので医療機関と診療報酬を買い取る会社と社会保険診療基金もしくは国民健康保険団体連合会の3社間で行われます。主に3種類に分けることができ診療報酬債権型、介護報酬債権型、調剤報酬債権型の3種類に分けられます。この3つは職種が違うだけでこの3種類を総称して医療ファクタリングといいます。メリットとしては取引先が社保や国保など国なので倒産の心配がありません。

また取引先が国だということは取引先への通知を気にする必要もありません。また診療報酬債権自体が担保価値があるためその他の特定の担保が要求されないのも特徴です。病院や診療所の規模が大きい場合は調達できる金額も大きくなります。取引先が国であるため診療報酬は確実に支払われることが前提ですから審査も緩いといえ契約側が売掛金を回収できなかった場合の責任を負う必要もありません。

最後に最大で2か月分の診療報酬債権で資金調達ができます。医療ファクタリングでは初回に限って2か月分の診療報酬債権を使って資金調達ができますので新しい医療機器の導入や病院の建て替えなどで大きな資金が必要な場合に利用することができます。大きなデメリットとしては手数料が高いことがあげられますので金融機関からの融資が受けられる場合であればまずはそちらを利用した方が金利負担が低く抑えられます。

しかし病院や診療所の設立や運営においては多額の資金が必要になりますので最後の手段として利用できるように事前に医療ファクタリングの詳細について知っておくのは賢明なことですからメリットとデメリットの両方を理解したうえで利用するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *