ファクタリングの極意とは
2018年7月31日

ファクタリングを行う際の業者選びについて

ファクタリングは手形などの債権を専門業者に売却することで現金化する行為を指します。

手形などの売掛債権は通常の手続きによる現金化では時間がかかることが多く、一定額の現金が必要な商取引には不便な問題があります。債権を売却することで速やかに現金を得ることが出来るファクタリングは資金繰りの方法の一つとして広く普及しています。その一方でファクタリングによる現金化は債権の所有権を放棄することになるので注意が必要です。また、売却時の査定額は債権の額面よりも低くなるので事前の確認が不可欠です。

ファクタリングで売却した債権の回収は買い取りを行った専門業者が行うのでトラブルを避けるために債務者側に事前に詳細を伝えておくことが社会的なマナーになります。債権の買い取りを行う業者は査定額や現金化の手続きの手順がそれぞれ異なるので、最も利用しやすい所を選ぶように心がけます。また、債権の買い取りについては個人情報が外部に流出しないように情報管理が徹底していることも選択肢の一つになります。

稀に査定額が極端に低かったり、買い取った債権の管理が杜撰な業者も存在するので利用の際は予め情報収集を行うことがトラブルを避けるための心得です。ファクタリングは時間をかけずにまとまった額の現金を得る方法ですが、債権を安易に売却すると社会的な信用に悪影響が及ぶこともあるので乱用は避け、資金繰りの方法の一つに留めることが重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *