ファクタリングの極意とは
2018年7月31日

ファクタリングを利用してキャッシュフローを改善する

一般的に企業間で売買を行う場合は、掛で取引を行います。

売買が成立した時点では買掛金と売掛金が発生して、その後支払いサイトに応じて現金の支払が実行されます。売掛先企業にとっては、すぐに現金で支払を行わなくてもいい為、資金繰りに余裕が出来るメリットがあります。しかし、商品やサービスを提供した側にとっては、すぐに現金を手に出来ないことになりますので、資金繰りの面ではデメリットになってしまいます。その結果、最悪の場合は黒字倒産も起こりえますので、資金繰りは企業にとっては非常に重要となります。

その為、資金繰りを改善することが企業にとっては非常に重要となりますので、その改善方法の一つとしてファクタリングサービスの利用が挙げられます。ファクタリングとは、ファクタリング事業者に期日前の債権を買取ってもらって、すぐに現金を手に出来ることが出来るサービスです。このサービスを利用することによって、キャッシュフローを改善することが出来ますので企業にとっては非常に便利なサービスとなります。

ただし、一定の手数料などを支払う必要がありますので、請求金額の満額を受け取ることは出来ません。この手数料の金額は、売掛先企業の信用力によって変わって来ますので、サービスを利用するか否かは手数料の負担額を勘案してその都度判断することが必要です。ファクタリングは償還請求権無しで債権を譲渡しますので、仮に売掛先企業が期日前に倒産したり支払が出来なかった場合などでも、サービス利用業者に支払義務が発生することはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *